Translate

堕姫(だき)

鬼側 十二鬼月 上弦

上弦の陸

 ”十二鬼月”の中で最上位から六番目の”上弦の陸”に位置する鬼。実兄である”妓夫太郎”(ぎゅうたろう)と合わせて”二人で一体の上弦”であり、普段は体内に兄を取り込んだ状態で活動している。
 体表から刃状の”帯”を放出する血鬼術は、攻撃だけでなく身体を球状に包んで防御に用いる事もできる。

 吉原の遊郭に於いて炭治郎、禰󠄀豆子と交戦していた際、応援に駆け付けた”音柱”宇髄 天元(うずい てんげん)の手によって頸を落とされた為、妓夫太郎を身体から分離した。

 敵を過小評価して不用意な言動に及ぶ事が多く、妓夫太郎が炭治郎達を全滅寸前まで追い込んだ事で油断し、最期は兄と同時に頸を落とされた。

目次

血鬼術・技

八重帯斬り(やえおびぎり)

普段は”分身”として遠隔操作している”帯”を全て体内に戻す事により、最大で八本の刃状の帯を同時に放出して攻撃する。身体を球状に包んで防御に用いる事も出来る万能な技。

気質・体質


・妓夫太郎と合わせて「二人で一体」なので、どちらか片方の頸を落としただけでは死ぬ事はない。
・非常に傲慢であり、人間のフリをしている時であっても常に周囲の者に高圧的な態度で接している。

出自


 人間であった頃の本名は””であり、兄の妓夫太郎と共に非常に貧しい環境に生まれ育ちはしたが、生来の顔立ちの美しさを買われて早くから吉原の遊郭で働いていた。

 そんな或る日、客である侍の眼を簪(かんざし)で突いて失明させてしまい、その報復として生きたまま焼かれてしまう。辛うじて息はあったものの為す術もなく、妓夫太郎に抱えられて街を彷徨っていたところを上弦の鬼である”童磨”(どうま)に呼び止められ、兄と共に鬼となった。

語録


「誰に向かって口を利いてんだ お前は」
「不細工は頑張っても不細工なのよ」
「お兄ちゃん 何とかして お兄ちゃん」