半天狗(はんてんぐ)

鬼側十二鬼月上弦

十二鬼月 上弦の肆 半天狗(はんてんぐ)

 ”十二鬼月”の中で最上位から四番目の”上弦の肆”に位置する鬼。極度の恐怖を感じた人間が精神の崩壊を防ぐために「別人格」を形成し、それに心的外傷を肩代わりさせる「多重人格」と呼ばれる現象が稀に起こるが、この半天狗も鬼らしからぬ極度の臆病者であるが故に、物理的な外傷を肩代わりさせる「分身」の血鬼術を編み出すに至る。

 ”上弦の伍”である玉壺と共に”刀鍛冶の里”を強襲し、そこに居合わせた炭治郎、禰󠄀豆子、不死川 玄弥しなずがわ げんや)、甘露寺 蜜璃かんろじ みつり)を分身鬼の連携で追い詰めるが、本体の所在を炭治郎に看破され敗れ去った。

目次

血鬼術・技

分身

最初に本体が頸を斬られると、以下の二体の鬼に分裂する。

半天狗 分身 可楽 積怒

可楽(からく)


 人間を軽々と吹き飛ばしたり地面に叩き付けたり出来る程の、強力な風を起こす”団扇”を武器として用いる。

楽しいのう 豆粒が遠くまで よく飛んだ

積怒(せきど)


 雷を発生させて敵に向けて落とす事ができる、”錫杖”を武器として用いる。

何も楽しくはない 儂はただ ひたすら腹立たしい

 上記の二体が更に斬られると、以下の二体の鬼にそれぞれ分裂し、計四体による同時攻撃が可能となる。

半天狗 分身 哀絶 空喜

哀絶(あいぜつ)


 十文字の”鎌槍”を武器として用いる。

わかっているから いちいち怒鳴るな 哀しくなる

空喜(うろぎ)


 背中に羽が生えて空を飛ぶ事が可能となり、鷹や鷲のように鋭く変形した””と、口から吐き出す”超音波”を使って攻撃する。

カカカッ 喜ばしいのう 分かれるのは久方振りじゃ

 そして、その四体が再び吸収合体すると、元の本体の姿に戻るのではなく”最終形態としての分身鬼”となり、最も強力になる。

半天狗 分身 憎珀天(ぞうはくてん)

憎珀天(ぞうはくてん)


 神話に登場する”雷神”が背負っているような、小さな”太鼓”を円状に連ねた物が背中に現れ、その太鼓を叩く事によって複数体の”木で造られた竜の頭”を地面から出現させる事ができる。
 更に、その竜の頭を太鼓の音で操る事により、咬みつき攻撃のみならず、強風、雷、超音波といった、それまでの分身鬼が使っていた攻撃を強化して駆使する事が出来る。

 ただし、最終形態であっても分身である事には変わりがない為、あくまでも本体の頸を落とさなければ殺す事はできない。

弱き者をいたぶる鬼畜 不快 不愉快 極まれり

性格・体質


・分身鬼が出現している間、本体は雛人形程度の背丈に縮小して逃げ回る為、発見は困難を極める。また、その間は鬼の中でも一、二を争う程に頸が硬くなり、たとえ発見したとしても並の隊士では斬り落とす事は殊更に難しい。

・自分は常に一方的に虐められている、か弱い被害者だと思っている。人間であった頃は盲目の”按摩”(あんま)のフリをして罪を重ねていたが、実際は目が視えている事を看破した奉行を逆恨みし、殺害した経緯を持つ。

台詞


「ヒイイイイイ」
お前はああ 儂がああああ 可哀相だとは 思わんのかァァァァア!!!

公式人気投票

第一回

未出につき、獲得票無し

第二回

総投票数 十三万三百十六票の内、
第六十二位/二十八票