栗花落 カナヲ(つゆり かなを)

鬼殺隊士継子人間側

継子 花の呼吸 栗花落カナヲ(つゆり かなを)

 炭治郎や善逸と共に最終選別を通過した同期の隊士であり、”蟲柱”である胡蝶 しのぶ の”継子”(つぐこ)を務める。年齢は十六歳で階級は丁(ひのと)。

 ただし、胡蝶 しのぶと同じく”蟲の呼吸”を使うわけではなく、しのぶの実姉である”カナエ”が使っていた”花の呼吸”を継承している。

目次

日輪刀


 刀身の色は”Eglantine”(西洋のローズヒップ)であり、鍔の形状は楕円形。制作した刀鍛冶の名は明かされていない。

花の呼吸と型の一覧

 花の呼吸は”水の呼吸”から派生したとされている。

弐ノ型…御影梅(みかげうめ)

 敵の乱撃を連続した動作で受け流す防御技。

肆ノ型…紅花衣(べにはなごろも)

 敵に向かって突進、もしくは跳躍しながら横一文字、左一文字を放つ二連撃。

伍ノ型…徒の芍薬(あだのしゃくやく)

 敵に向かって突進、もしくは跳躍しながら、最大で九連撃を叩き込む連続技。ただし、ここまで手数を増やすと太刀筋が振れやすく、それに伴って一撃当たりの威力も下がりがちになる為、殊更に体幹の強さが求められる技と言える。

陸ノ型…渦桃(うずもも)

 敵の眼前で真上に跳躍し、体操の技のように空中で身体を”回転捻り”させながら、横一文字で頸を斬りに行く技。

終ノ型…彼岸朱眼(ひがんしゅがん)

 呼吸によって血流を操作し、眼球に大量の血液を送り込んで動体視力を増幅させる技。これにより、自分の周囲で動く者が相対的に遅く感じられ、敵の攻撃を容易に回避できるようになる。

 ただし、眼球の毛細血管は読んで字の如く、他の部位の血管よりも細く破れやすい為、この技を使うと”白目”の部分が出血で赤く染まり、失明の危険をも同時に孕む事になる(最終的には右眼の視力を殆ど失った)。

性格・体質


・極めて無口であり、師範である胡蝶 しのぶ以外の者と自ら進んで会話をする事は無いが、体幹能力には天賦の才があり、”上弦の弐”である童磨を相手に食い下がる程の底力を見せる。

出自


 極貧の環境下で生まれ育った挙句に、両親によって人身売買された為に心因性発声障害に陥っており、会話や共感といった能力が著しく劣っていた。胡蝶姉妹に引き取られた際、”自分の行動を自分で決められない”という問題の対策として、硬貨を投げて、その表裏によって行動を決めるという方法を提案される。

 以後、蝶屋敷に於いて炭治郎と出会うまでは、硬貨を投げて自らの行動を決定していた。

活躍・功績


・那田蜘蛛山での戦いで重傷を負った炭治郎、善逸、伊之助の三名に対して”機能回復訓練”を施し、”全集中の常駐”の会得に貢献した。

・無限城での戦いに於いては、胡蝶姉妹の仇である童磨を伊之助と協力して撃破した。

・無限城から地上へと投げ出された後の最終決戦に於いては、鬼舞辻に血を注入されて”鬼化”してしまった炭治郎に対して、胡蝶から預かっていた解毒薬を打ち込み元の人間の状態に戻した。

台詞

声優:上田 麗奈


「師範の指示に従っただけなので お礼を言われる筋合いは無いから さようなら」
「全部どうでもいいから 自分で決められないの」
「貴方 何も感じないんでしょ?」
貴方 何のために生まれてきたの?

公式人気投票

第一回

総投票数 二万六千百五票の内、
第八位/七百十二票

第二回

総投票数 十三万三百十六票の内、
第十位/五千三百五票