用語解説

用語

古書
目次(五十音順)

青い彼岸花(あおいひがんばな)


 千年もの昔、鬼舞辻 無惨きぶつじ むざん)が病弱な人間であった頃に医者から処方されていたとされる薬の名称であり、又、その実際の生薬となっている草花の名称。ただし、我国に於いて確認されている”彼岸花”は本来の赤色の他に色素異常の白い個体が希に発見される程度であり、黄色い花を咲かせるものに至っては彼岸花そのものではなく”鍾馗水仙”(ショウキズイセン)と呼ばれる近縁種である。

 従って青色の花を咲かせる彼岸花に関しては植物学上、実個体の発見はもちろん自然交雑に因って発生する可能性も報告されていないので、僅かに存在する可能性があるとすれば中国大陸本土ではないかと思われる。

悪鬼滅殺(あっきめっさつ)


 主に鬼殺隊士の最上位階級である”柱”が装備する”日輪刀”(にちりんとう)の刀身部分に彫り込まれている文字であり、鬼殺隊の根本理念を表している。

異能の鬼(いのうのおに)


 戦闘の際に爪や牙、あるいは変形させた腕などの直接攻撃を用いるのではなく、”血鬼術”(けっきじゅつ)と呼ばれる特殊な能力を駆使する類いの鬼の総称。空間操作や分身術、催眠術や血液の武器化など応用範囲は多岐に渡る。

隠(かくし)


 鬼殺隊と並行して産屋敷(うぶやしき)家が組織、運営する別動隊であり、主に鬼殺隊士と鬼が戦った痕跡の隠蔽や負傷した隊士の救護などの事後処理を担う。剣技の才に恵まれず鬼殺隊士にはなれなかったものの、それでも何らかの形で鬼殺隊に貢献したいと願う者が構成員の大半を占める。

鎹鴉(かすがいがらす)

鎹鴉

 鬼殺隊士一人一人に随行する連絡用のカラス。よく訓練されており、判別可能な人語を発声する。

鬼殺隊(きさつたい)


 人間を喰らう鬼と、その首領である鬼舞辻 無惨を討伐する為に組織された剣士の集団。
政府非公認の組織であり、
・いつ頃発足したのか?
・本拠地は何処なのか?
・運営財源は何処から拠出しているのか?
・在籍する剣士は何十人、あるいは何百人居るのか?
…等々、多くの事柄が秘密にされている。

 当主は”産屋敷 耀哉”(うぶやしき かがや)であり、通例として”お館様”と呼称される。

鬼殺隊の階級


 鬼殺隊には鬼を討伐した累積数を基にした階級が存在する。基本的には上から順に、
「甲」(きのえ)
「乙」(きのと)
「丙」(ひのえ)
「丁」(ひのと)
「戊」(つちのえ)
「己」(つちのと)
「庚」(かのえ)
「辛」(かのと)
「壬」(みずのえ)
「癸」(みずのと)
の十段階となっているが、”甲”の上には更に”柱”(はしら)と呼ばれる最上位階級が存在する

鬼殺隊の柱(はしら)


 鬼殺隊士の最上位階級であり総勢九名で構成される。それぞれが使う呼吸の種類に応じて”炎柱””水柱””風柱”等と呼称される。必要に応じて他の一般隊士に直接命令する権限を持つ。柱に登用される為には鬼を五十体討伐するか、もしくは”十二鬼月”を討伐する事が条件となる。

育手(そだて)


 鬼殺隊への入隊志願者の適性を見極め訓練を施す教育係。現役を退いた元・鬼殺隊士が就任する場合が殆どであるが、その総数は明かされていない。

継子(つぐこ)


 ”育手”(そだて)によって育成されるのではなく、現役の”柱”によって才能を見出され、その直接指導を受けながら育成される”柱候補生”。現在であれば”栗花落カナヲ”(つゆり かなを)などが、それに当たる。

日輪刀(にちりんとう)


 鬼殺隊士の標準装備であり、鬼が苦手とする太陽光の粒子を大量に吸収した”猩々緋砂鉄”(しょうじょうひさてつ)と”猩々緋鉱石”(しょうじょうひこうせき)と呼ばれる特別な鋼材を鍛えて製造された刀。また、完成した日輪刀を隊士が握った瞬間に刀身の色が変化する事から別名「色変わりの刀」とも呼ばれる。

縁壱零式(よりいちぜろしき)


 戦国時代から刀鍛冶の里に継承されている戦闘訓練用の機械人形。一説によると当時実在した剣士の動きを再現しているらしいが、詳細は不明。時透 無一郎が訓練に利用した他、最終的に炭治郎の訓練によって破壊された。
広告