鳴女(なきめ)

鬼側十二鬼月上弦

新・上弦の肆 琵琶 鳴女(なきめ)

 長い黒髪と楽器の”琵琶”(びわ)を携える姿が特徴の女鬼。街や山野に潜んでいる他の鬼達とは違い、血鬼術によって外界と隔絶された空間である”無限城”の中に常駐しており、鬼舞辻の指令に応じて他の鬼を招集する役目を担う。半天狗の死後は、その後釜として”上弦の肆”の位に抜擢された。

 。

目次

血鬼術・技

空間操作(くうかんそうさ)

手にした琵琶を奏でる事により”無限城”と外界とを繋ぐ”扉”を出現させたり、城内に居る人物を強制的に移動させたりする事ができる。ただし、鳴女自身が無限城以外の場所で目撃された事例が無いので、城外の空間でもこの術を行使できるか否かは分かっていない。

密偵(みってい)

自らの分身体であり、眼球に触手が生えたような形状をした生物を城外の空間に送り出し、その眼が捉えた映像を城内に居ながらにして観ることが出来る。
また、一体だけでなく、同時に何十体もの密偵を別々の場所に送り出す事が出来、個々の鬼殺隊士を尾行して現在位置を鬼舞辻に報告する為に用いられた。

性格・体質


・極めて口数が少ない上に無限城以外の場所で他の鬼と接触する事がない為、性格や弱点はもちろん、存在そのものが下弦の鬼たちにさえ知られていなかった。

最期

 柱全員を含む、大半の鬼殺隊士を”無限城”に誘い込んだ最終決戦に於いては、城内の支柱や壁といった構造物を自在に操作して伊黒甘露寺の二人を全く近寄らせずに翻弄するが、”目隠し”の術で姿を隠して接近してきた愈󠄀史郎に脳を支配され、無限城の操作能力そのものを奪われてしまう。

 その様子を察知した鬼舞辻が、このままでは地上に排出されてしまう事を危惧し、遠隔操作で強制的に鳴女の頭部を破壊して殺害した。

出自


 人間であった頃は琵琶の演奏で日銭を稼いでいたが、夫が博打三昧であった為に常に貧しい暮らしをしていた。ある日、演奏の際に着る衣装を夫が無断で売り払い、博打の種銭にしてしまった為に逆上し、金槌で殴り殺してしまう。

 その直後にも演奏の仕事が入っていた為、人を殺した動揺で震える手のままに客の前で演奏したところ、その音色が称賛される。以来、予め人を殺してから演奏に臨むという中毒状態に陥ってしまうが、その度に琵琶の音は高く評価され続けた。

 ある時、殺すつもりで襲った人物が鬼舞辻であった為に返り討ちに遭うが、その動機が気に入られ、鬼として生かされた。

台詞


「上弦の壱様は最初に御呼びしました ずっとそこに いらっしゃいますよ」

公式人気投票

第一回

未出につき、獲得票無し

第二回

総投票数 十三万三百十六票の内、 第六十八位/二十二票