累(るい)

下弦鬼側十二鬼月

十二鬼月 下弦の伍 あやとり 累(るい)

 ”十二鬼月”の中で最上位から十一番目の”下弦の伍”に位置する鬼。子供の鬼でありながら自分より弱い鬼を複数人従え、那田蜘蛛山(なたぐもやま)を根城として疑似家族のようなものを構成していた。

 ”ヒノカミ神楽”の呼吸を使えるようになった炭治郎さえも接戦の末に退けたが、応援に駆けつけた”水柱”の冨岡 義勇にあっけなく敗れ去る。

目次

血鬼術・技

刻糸牢(こくしろう)

日輪刀を折る程の強度の”あやとり糸”を蜘蛛の巣状に張り巡らせ、敵の攻撃を広範囲に遮断する攻防一体の強力な技。

殺目篭(あやめかご)

同じく”あやとり糸”を伏せた篭のような形状にして敵を頭上から覆い、徐々に大きさを縮めて全身を切り刻む技。外からの援護が無い限り、独力で破るのは至難である。

刻糸輪転(こくしりんてん)

”刻糸牢”よりも更に多くの糸を網の目状に組んで、回転させながら敵を追い詰める技。糸を断ち切れるほどの強さの斬撃で応戦しない限り、逃げるより他に選択肢は無い。

性格・体質


・子供の鬼でありながら冷酷であり、自分より弱い鬼を恐怖で縛る事によって疑似家族の体裁を構築し、従わない者に対しては容赦のない粛清を与えていた。

・”糸”を操る能力を他の鬼に付与する事ができる。

疑似家族

父親役


 身長は悠に七尺を越すほどの巨大な体躯の鬼であり、更に驚くべきは、人間であった頃の原形を全く留めぬ”蜘蛛の頭部”が身体に乗っている点である。

 その怪力と、刀が折れるほどの硬い筋肉で伊之助を圧倒し、文字通りに握り潰す寸前であったが、応援に駆けつけた冨岡 義勇にあっけなく倒された。

声優:稲田 徹


オ゛レの家族に゛ィィィ 近づくな゛ァア゛アア゛!!

母親役


 人間であった頃の年齢は累と変わらない子供の鬼ではあるが、何故か母親役を強制され、それが演じ切れないで叱責されていた。
 那田蜘蛛山に踏み込んできた村田達の小隊を”操り糸”の血鬼術によって翻弄していたが、糸の発生源である小さな”蜘蛛”の存在を炭治郎に看破され、最期は自ら頸を差し出して死を選んだ。

声優:小清水 亜美


大丈夫よ!!母さんは やれるわ!!必ず貴方を守るから!!

姉役


 人間を包んで閉じ込めた後、身体を溶かす液体を放出する”溶解の繭”の血鬼術を塁から付与された鬼。小隊の生き残りである村田を始末するべく繭で捕えたが、応援に駆けつけた”蟲柱”の胡蝶 しのぶに”毒”を打ち込まれて死亡した。

声優:白石 涼子


冗談じゃないわよ!!死ねクソ女!!

兄役


 父親役の鬼とは真逆に”頭は人間の形、胴体は蜘蛛”の姿をしている鬼。”毒”を持った小さな蜘蛛を放って人間に咬みつかせる事により、身体を麻痺させるばかりか最終的には姿形そのものを自分と同じ”人頭体蟲”に造り変えてしまう、恐るべき術を操る。

 この毒に侵された我妻 善逸が、朦朧とする意識の中で”霹靂一閃 六連”を放って辛くも勝利したが、その後、”蜘蛛化”の進行を止めて回復するのに三ヶ月間の服薬治療を要した。

声優:森久保 祥太郎


四半刻後には 俺の奴隷となって 地を這うんだ…

出自


 人間であった頃は身体が弱く、床に臥せる日々を送っていたところを鬼舞辻に救われる(?)形で鬼となったが、人を殺して喰おうとした事を両親に咎めらて逆上し、自らの手で両親を殺してしまう。

 以来、「親の役目」や「家族の絆」という言葉に拘るようになり、自分を受け入れて守ってくれる家族を欲する事となった。

台詞

声優:内山 昂輝


「僕たち家族の 静かな暮らしを 邪魔するな」
「僕はね 感動したんだよ 君たちの”絆”を見て」
君の妹を 僕に頂戴

公式人気投票

第一回

総投票数 二万六千百五票の内、
第十六位/百九十一票

第二回

総投票数 十三万三百十六票の内、
第三十三位/二百三十六票